メニュー

シミの治療

シミは後天性にメラニン色素が増強されることいい、その原因には肝斑や老人性色素斑などの疾患があります。肝斑は女性ホルモンや紫外線の影響を受け、生理周期や妊娠、夏に悪化します。また、老人性色素斑は加齢と慢性的な紫外線暴露により起こります。

一般に、シミはこれらの疾患が混在していることが多く、加齢性混在性色素斑とも言われています。

当院では、シミに対する治療も行っています。

1)写真及びVISIAを撮影

気になる箇所などカウンセリングを行います。

2)一般的治療

一般に、シミの治療にはトラネキサム酸(消炎剤)、ビタミンC、ハイドロキノン(美白剤)を用います。内服薬、外用薬などを希望に合わせて処方します。

(内服薬)

・トラネキサム酸1500mg:第一三共製薬

・ビタミンC3000mg(イギリス産天然ビタミンC):株式会社分子生理化学研究所

(外用薬)

全て株式会社ケイセイの商品です。

・4%ハイドロキノンクリーム5g

・ビタミンCスティック8.5g(油溶性ビタミン85%)

・ビタミンC誘導体ローション50ml(9%水溶液)など

3)オプション治療

ご希望に応じて、高濃度ビタミンC点滴療法や白玉点滴(グルタチオン点滴)を行っています。

また、シミが改善しない場合には、エンビロン・フェイシャルトリートメント、Mesona-Jを用いたメソポレーション、そしてサルチル酸マクロゴールによるケミカルピーリングなどをお薦めしています。

どの治療も副作用はなく安全な治療法です。お気軽にご相談ください。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME